2016年04月14日

最近のボカロは、スゴイね!

波動の標的エンディングテーマのEDM版の制作が躓いておりますがもうやだ〜(悲しい顔)
なんとか、今週中には、完成できそうであります!手(チョキ)

やはり、この曲にボーカルを入れようした事が、かなり無理がありましたが、しかし!るんるん

実は、先日、新しいボカロのライブラリを導入しました!わーい(嬉しい顔)

うーむ、最近のボカロは、スゴイ!、調教なしでも、かなり歌ってる!わーい(嬉しい顔)
さらに、新調教機能がスゴイ!色々と調教を試してみると、かなりリアル!拍手喝采!!わーい(嬉しい顔)
しかし、ボカロって、さらに進化していくと人間ボーカルが危ないかも!がく〜(落胆した顔)

その昔、PCMのドラムマシンがスタジオで大活躍した時代がありまして、とにかく多くのスタジオ・ドラマーさんが危惧を感じて、スタジオで偉い騒動になった事を思い出しました。ふらふら

海外では、ライブでも口パクな有名ボーカルさんが多いので、本物は、まさかボカロなんて事が、今後の発展次第では、あるかもです!ちっ(怒った顔)

うーむ、ボカロなら、声は、枯れないし、何度歌っても、同じコンディション!しかも文句も言わない!わーい(嬉しい顔)
posted by st-wing at 12:03| Comment(4) | DTM関連

2016年04月09日

音楽制作ツールなど

その昔は、沢山のシンセやエフェクトそして大掛かりなマルチトラックレコーダーなどに
囲まれ、日々接続ケーブルの嵐と格闘(笑)して音楽制作を進めておりました。たらーっ(汗)

近年、テクノロジーの進化により、シンセなどハードウェアは、徐々に減り、現在では、僅かな機材のみで、高度な音楽制作が進められる、夢の世界を実現しております。
とにかく、トータルリコールなDWA環境は、夢のようです。ケーブルの嵐と格闘しなくてすみますから・・・わーい(嬉しい顔)

☆音楽制作ツール・一覧(2016/04/09まで)

ソフトウェア
Cubase PRO 8.5
Halion5
Groove Agent 4
PadshopPro
Retrologue2
HALion Symphonic Orchestra
The Grand 3
Dark Planet
Triebwerk
Hypnotic Dance
その他、エフェクト用VSTを少々

ハードウェア
YAMAHA RGXA2(ギターPickup変更)
YAMAHA UR242(音楽制作用)
その他、Midiコントローラーとしてipad2やコルグnanoシリーズなど

音源は、殆どHalion5とGroove Agent 4です。黒ハート
80年代のスタジオWINGで活躍したエンソニック、ローランド、アカイ、カシオなど・・・そして、近年、大活躍のギガサンプラの音源は、すべてHalion5へコンバートしてます!
その総容量は、1TBを超えております!手(チョキ)
80年代のスタジオWINGのシンセ達もデータ化となり、今も生きてます!わーい(嬉しい顔)
posted by st-wing at 17:47| Comment(2) | DTM関連
Copyright (C) 2016 Studio WIng Corporation.